不動産を購入する前に要チェック~富動産ベストBUY~

家の模型

東京で住宅を購入する

一戸建て

西東京市は日常生活を行いやすく、都心へのアクセスも便利な事からとても人気の高い街です。そんな西東京市で一戸建て住宅の購入を検討しているのであれば、まずは地元の不動産屋さんに相談して、色々な情報を入手しましょう。

Read More

近隣と比べて割安

人気の地域!横浜には不動産が沢山あります。購入をしようか検討している方はまず会社に相談しよう。的確なアドバイスが貰えます。

安らぎの生活を送ることができる人気エリアの志木で不動産を見つけませんか?安心して家族と暮らし続けることができますよ。

建蔽・容積率の確認は必須

メガネ女子

東京都西東京市は新宿や池袋に直通で通える利便性、及び隣接する練馬区や武蔵野市と比べると新宿へのアクセスに要する時間に大きな差が無いにも関わらず、地価を比較すれば割安な相場観から住居用の不動産物件を探す人にとっては費用対効果の高さで評価されている地域です。西東京市内は第1種低層住居専用地域も多くあります。これらの西東京市内の第1種低層住居専用地域で土地の購入を検討する場合に注意しなければならないのが土地ごとの建蔽率と容積率です。西東京市は大半の第1種低層住居専用地域が建蔽率40%・容積率80%の物件か建蔽率50%・容積率100%の物件のいずれかです。どちらも一戸建てを建てる場合は2階建てが基本になることは同じですが、例えば延べ床面積30坪の一戸建てを建てる場合、建蔽率50%・容積率100%の土地であれば30坪あれば建てられますが、建蔽率40%・容積率80%の土地の場合は37.5坪の土地が必要となります。建蔽率と容積率次第で同じ延べ床面積の一戸建てを建てようと思っても必要な土地面積が変わってくる訳ですから、この点は土地物件の購入を考える際に押さえておくべきポイントと言えます。

相場は上昇傾向

西東京市の不動産相場ですが、確かに依然として隣接する練馬区や武蔵野市と比べれば低水準です。近年は西東京市内のどの区域であっても一様に不動産相場は上昇傾向にあります。この傾向は地価の高騰だけではなく、人材不足や資材不足による人件費や資材費の高騰も要因となっています。ですので、少なくとも2020年まではこの不動産相場の増加傾向は続くものと見込まれています。一方で消費増税や住宅ローン減税の優遇措置の期限の時期は今後変動する可能性もあるとはいえ現時点では明確に決まっていますので、ここ数年の内により安価に不動産物件の購入をするためには購入は少しでも早い方が良いという理屈は西東京市にも当てはまります。

豊富な自然に囲まれた伊豆で別荘を購入しませんか?こちらのサイトを活用して物件を捜してみてください!

新しい住まいに移るためにも西東京市の不動産を探すことが必要です。物件ごとに比較を進めていくことが肝心になってきますよ。

家や土地を鑑定する仕事

勉強

土地や建物といった不動産の査定を行うことのできる唯一の資格が不動産鑑定士で、難易度は合格率2%程度と難関資格の1つとなっています。1次と2次試験の共通科目である鑑定理論は実務でも最も必要となる重要科目です。

Read More

副収入を作ろう

ブタと小銭

転勤などで引越しをすることになり、マイホームを空けなければならなくなったのであれば、そのマイホームを賃貸物件として持ち続けましょう。マイホームが中古マンションならば、家賃も安定しており、良い副収入になります。

Read More